賃貸マンション生活から抜け出したい人が考える事

マンションは新婚の時に探しました。
駅の近くで阪急とJR電車がどちらも同じくらいの距離にあります。
なるべく私の実家の近くにしました。
以前は公社のURでしたが、経営が変わり今は民間の経営している賃貸マンションです。
2LDKに家族四人で暮らしています。
新婚の時は二人だったので、お互いの荷物も少ない方で収納スペースはかなり空いていました。
子どもが増えるにつれて物が増えてもう収納は一杯です。
子どもができてからは、マンションに対して不満を感じる事が増えてきました。
仕事を辞めて専業主婦になると見えていなかった事が沢山ありました。
まず冬は結露がすごいです。
毎朝タオルで拭かないといけないのが憂鬱になります。
東向なので夏は朝から暑すぎて、冬は朝の10時までしか日が射さないので寒いです。
オートロックのマンションではないので誰でも出入りできるので、ピンポンが鳴ってモニターがないのでつい出てしまうと勧誘ばかりです。
新聞、保険、宗教が多いです。
一人目を出産してから、ある日ピンポンが鳴り、出ると子育ての集まりがあるというお誘いでした。
子どもが人見知りでなかなかママ友ができなかったので、話し相手が欲しいと思っていた頃のお誘いでした。
すぐに返事をしてしまい、公民館へ行くと座談会だったようです。
主人に話すと宗教だったようで、簡単に参加してしまいうかつだった事をかなり反省しました。
生まれ育った同じ市内で安心しきっていました。
それ以来、心当たりのないピンポンは居留守を使う事にするようにしています。
住み始めて5年は経ちますが、結構入れ替わりがありお友達ができたのは一軒程です。
お隣さんともそんなには親しくしていません。
もしかしたら、子どもがうるさいせいで仲良くなれないのかもと最近は思っています。
最初の赤ちゃんができて女の子だったので、そんなにうるさくはないと思っていたのですが、ある日苦情がきました。
子どもがうるさいとの事でした。
よく泣くし、声が高くてとおるようです。
初めて苦情がきた時はショック過ぎて本当に悲しかったです。
主人と私は戸建ての家で育ったので、確かにマンションでのルールは分かっていなかったのかもしれませんが、子ども連れでも容赦なく周りの目は怖いです。
民間の経営するマンションに変わってからは、審査が甘いせいか住む人も感じの良い人ばかりではなくなったような気がします。
一階に三部屋あり、真ん中の部屋に住んでいるのも騒音が防げない理由かもしれません。
子どもが泣いても逃げ場がなく、いつも肩身が狭く誰かに怒られまいとしてピリピリした状態です。
このマンションに来て良いことはないので、今は戸建ての家を探しています。
早く子ども達がのびのびと住めるような家に引っ越したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です