結婚するまで3年程アパートで1人暮らしをしてみました

私は学生のときから1人暮らしをするのが夢で、働き始めてからずっと貯金をしていつか1人暮らしを目標にがんばっていました。
親にはずっと内緒にしていて、アパートの場所も見つけてある程度のめどがついてから報告をしました。
矛盾しているかもしれないですが、保証人がいるので親になってもらうしかなかったので反対されたら終わりです。
なさけない自立ですけど、アパートも決めたしお金もためていると言ったら渋々同意してくれ、保証人にもなってくれました。
実家から車で15分くらいの場所でしたが、母親が父親と2人で朝ごはんは嫌だとよくわからないことを言われて、しばらくの間朝実家によって朝ご飯を食べて会社に行った覚えがあります。
会社が近くなったわけなのにまた戻っていくという若くないとできないことですかね。
はたから見ると家を出たのに親離れできてない子供と思われていた可能性もありますが・・・
やはり時間的に疲れるのでいつの間にかやるのやめました。
そうはいっても夕飯を作るのはめんどくてわざわざ実家に行ってご飯食べてアパートに帰ったりしていました。
やっぱり半自立でしかなかったですね。
私が住んでいた部屋は2階の角部屋でラッキーでした。
たまたまそこが空いていました。
8畳二間だったので、外側のほうにテレビを置いてリビングにしたので隣の人と騒音問題でもめることはありませんでした。
しかし私が3年くらい住む間にけっこう隣人が変わっていたので知らぬ間に私が何かしていたとか?という可能性もあります。
1つ覚えてるのが、私は通販でしいたけ原木を買ったんですがそれの説明に水につけたあと床に落とすというのがあったんです。
収穫したあと2回目を栽培するときだったかと思うんですが、まぁ刺激を与えろってことなんだと思いますが・・・
それで玄関の外で(通路)原木をドカンドカンと落としました。
今思うと横にも下にもかなりの騒音迷惑行為ですよね。
すぐに隣の人がドアを開けて様子を見に来たのであわてて木を拾って部屋に入りました。
これって第三者からみたら私がかなり怪しい人となってるかも?とあとから思いました。
大家さんからとくになにも言われませんでしたが隣人は間もなく引っ越しました。
私の下の階はおじさんが1人暮らしをしていましたが、仕事をしてる様子がなくいつも家にいました。
部屋の前に駐車場があるんですが、私が止める場所の目の前がおじさんの部屋でカーテンが20cmほど寸足らずでテーブルに転がって酒を飲んでいる姿がばっちり見えてこっちが目のやり場に困ります。
1階のくせにカーテン寸足らずとはかなりのつわものです。
そんなこんなで私は結婚するのでアパートを出ましたが、大家さん的に結婚して出るというのは縁起のいい部屋で次の人がすぐ入ると喜んでいました。
いわくつきの部屋の逆バージョンですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です