田舎のアパートの資産価値と今後の展望について

私が住んでいるのは群馬県の田舎です。築20年の1ルームのアパートに住んでいます。家賃は3万3千円で田舎の相場です。リフォームしてまだ2年という事もあり、外観も内装もとてもキレイで都内だったら10万は超える設備、ジャグジーバス、防犯シャッター、床暖房など設備は充実していて寒い冬もとても快適に過ごす事が出来ています。田舎なのでやはり隣近所さんとの交流もあり、なかなか癖のある方もいますが、大家さんも間を持ってくれたり比較的フレンドリーな関係で他の住人の方とも接することが出来ていています。お正月には大家さんがお餅をついて住人のかた全員に配ったり、田舎ならではのお付き合いも良いものです。
雪の降る中、センター試験も終わり一人暮らしを始める方や、新しい生活を始める方が多いこの時期ですね!
そんな私も昨年の雪が降り始める前に引越しを致しました。今までは2階建て・3階建ての木造アパートに住んでいたのですが
今回は初めて10階建ての鉄筋コンクリート造りのマンションに住んでいます。暖かさを求めてこのマンションに冬前に越してきました。
南向きで日当たりもよく、上下にもお隣にもお住まいの方がいらっしゃるので以前よりは暖かいだろうなと思い
こちらのマンションに引っ越してきました。

 住み心地はと言いますと、管理人さんはいますしエレベーターはついていますし、宅配BOXで不在時でも荷物を受け取れます。
バルコニーもあるしご近所の方々も気持ちよく挨拶をしてくれますし、いい引越しをしたなと思っています。
ひとつだけ難点を挙げるとするならば「結露」です。日当たりもよく部屋も暖まりやすいのですが
その分、結露がでてしまいます。朝起きてまず、窓を拭く。夜寝る前にも窓を拭く。拭いたタオルはべちゃべちゃです。

 管理人さんに相談してみたところ、木造よりも鉄筋コンクリート造りのほうが結露が出やすいとのことです。
部屋に換気口がついていて、寒いのでそこは完全に閉めてしまっていましたが全て開けるようにし、
お風呂の換気扇もなるべくまわすようにとアドバイスしていただいたので、今はそれを実践していますが
確かに、以前よりも結露の水分量は減ったように思われます。ただ、やはり換気口を開けていると少し冷たい風が・・・。

 不動産屋に知り合いがいるので知り合いにも結露について聞いてみたことがあります。
確かに木造よりも鉄筋コンクリート造に住んでいる人の方が、結露に悩んでいるということ。
やはり鉄筋コンクリートのほうが結露が出やすいようですね。
もうひとつ、その知人が教えてくれたのが、暖房器具の種類です。
暖房器具の種類と言いますと、「電気」「ガス」「灯油」のストーブもしくはエアコンがあります。
この中で一番、結露が発生しやすいものは「灯油」のストーブだとのこと。
私の住むマンションは知人のおっしゃる通り、灯油ストーブで暖を取っていました。
しかしながら暖める力が強いのも灯油だからどちらをとるか悩みどころだよね、とのこと。

 結露を徹底的に防ぐためには除湿機を購入するしかないのかな~・・・という結論に至りましたが
「木造」と「鉄筋コンクリート造」、「電気ストーブ(エアコン)」と「ガスストーブ」と「灯油ストーブ」など
それぞれにいい面もあればあまりよくない面もあるということで、
引越しをする際にはそれぞれのメリットとデメリットを見極めてしっかりと生活をイメージしてお部屋を決めることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です